タグ: 脳画像

脳の解剖と機能について紹介します。

脳画像を診る 延髄を同定する。

延髄を同定する。 延髄は内側に外側皮質脊髄路が交差する錐体、触覚、深部感覚の伝導路である内側毛帯、舌下神経、内側縱束が存在します。 錐体の外側部には下オリーブ核があり、その後方には温痛覚の伝導路である外側脊髄視床路、粗大…
続きを読む

脳画像を診る 脳梁と帯状回を同定する。

脳梁の同定 脳梁は左右大脳半球を繋ぐ神経繊維束であり、後方から脳梁膨大、脳梁体部、脳梁膝、脳梁吻に分類されます。 脳梁は側脳室の前核から三角部にかけて覆っており、前角の後方に脳梁膝、三角部の内側に脳梁膨大を同定することが…
続きを読む

小脳を極める! 大脳小脳 編

大脳小脳 大脳小脳は両側の小脳半球から成り立っています。 発生学的に最も新しい部分であり、小脳の最も大きい部分を占めています。 ここは直立歩行の能力が備わるに従って出現してきます。 神経経路     …
続きを読む

脳画像を診る 中脳編

中脳の機能解剖 中脳は大脳脚と後部の中脳蓋、その間の中脳被蓋の3つに区別できます。 大脳脚では中1/3を錐体路、内側・外側を前頭橋路が通過します。 中脳被蓋では大脳脚の後部に黒質、その後方に赤核が存在します。 また覚醒に…
続きを読む

脳画像を診る 小脳を同定する。

小脳の機能解剖 小脳は発生学的に古い領域から、古小脳、旧小脳、新小脳に区分されます。 これらは前庭神経核、脊髄、橋核からの入力を受けるため、前庭小脳、脊髄小脳、皮質小脳と呼ばれます。 解剖学や機能について詳しく知りたい方…
続きを読む

脳画像の見方〜視床を同定する方法を紹介!〜。

視床の同定方法 視床は内包後脚のこう内側に同定することができます。 視床はさまざまな核により構成されており、それぞれの核は異なる領域と連絡しており非常に重要な核となります。     今回参考にした文献…
続きを読む

脳画像を診る 基底核、内包の同定

基底核の同定 尾状核の同定 尾状核は前方から頭部、体部、尾部に分けられます。 尾状核頭部は側脳室前角に、尾状核体部は側脳室体部に、尾状核尾部は側脳室下角に接しています。       &nbs…
続きを読む

脳画像を診る 側頭葉を同定する。

側頭葉の同定 側頭葉は4つの脳回に区別することができます。   側脳室下角レベルでの側頭葉の脳回の同定では、外側の前方に上側頭回、その後方に中側頭回を同定し、後端に下側頭回を同定します。   内側は前…
続きを読む

脳画像を診る 頭頂溝頭溝を見つける

頭頂溝頭溝 頭頂溝頭溝は頭頂葉と後頭葉を見極める上で重要なランドマークとなります。 これは側脳室体部のレベルで同定しやすいです。         側脳室体部レベルの前頭葉の解剖 &…
続きを読む

脳画像を診る 側脳室よりも上のレベル

側脳室よりも上のレベル   側脳室よりも上のレベルでは前方に前頭葉が、後方には頭頂葉が位置します。 このレベルで重要なランドマークとなるのが以下のふたつです。 precentral knob 帯状溝辺縁枝 pr…
続きを読む