タグ: 小脳脚

脳の解剖と機能について紹介します。

脳画像を診る 小脳を同定する。

小脳の機能解剖 小脳は発生学的に古い領域から、古小脳、旧小脳、新小脳に区分されます。 これらは前庭神経核、脊髄、橋核からの入力を受けるため、前庭小脳、脊髄小脳、皮質小脳と呼ばれます。 解剖学や機能について詳しく知りたい方…
続きを読む

小脳の経路と核

小脳は運動を繊細に制御するための中枢機関である!   小脳は脳全体の重量の約10%程しかありませんが、脳の全ニューロンの約50%以上を含んでいると言われています。 これらのニューロンは脳回の皮質の中と深部白質の…
続きを読む

脳幹を極める 伝導路編

運動系(下行性伝導路)   上記に示した図では、皮質脊髄路、皮質網様体脊髄路、皮質橋路を示しています。 皮質脊髄路は、外側皮質脊髄路と前皮質脊髄路に大別されます。 外側皮質脊髄路 経路:運動野から起始した線維が…
続きを読む

延髄、橋、中脳を通る神経路

脳幹を通る神経路 延髄 外側脊髄視床路(温痛覚)や前脊髄視床路(触圧覚)、脊髄視蓋路(四丘体へいく)は延髄の底部に位置する。 外側網様体核には脊髄網様体からの線維が終わっており、この核群は下オリーブ核の背側にあります。 …
続きを読む

小脳脚を理解する! 経路と機能

小脳脚   小脳梗塞や、小脳出血などの患者様の画像を見る際に非常に重要になるのが、小脳路です。 小脳路には 上小脳脚 中小脳脚 下小脳脚 が存在し、それぞれ異なる求心性、延伸性の神経を投射しており、この鑑別を行…
続きを読む