カテゴリー: 運動器

脳の解剖と機能について紹介します。

肩関節 肩関節の解剖②

筋の付着部 大結節にはSuperior facet、Middle facet、Interior facet、と呼ばれる面があります。 ここは、棘上筋、棘下筋、小円筋の付着部位となっています。 棘上筋の筋腹は、筋前縁にある…
続きを読む

肩関節 肩関節の解剖①

肩関節複合体 肩関節複合体は、上腕骨、肩甲骨、鎖骨による骨性の要素と、それらに付着する各種軟部組織によって構成されています。 肩関節複合体としての関節機能とは、解剖学的な関節と機能学的な関節とに分けられます。 解剖学的な…
続きを読む

足関節 足部の構造と機能

足関節·足部の構造と機能 足関節は距腿関節と距骨下関節からなり、足部は7つの足根骨と5本の中足骨、14本の跳骨で構成されています。 距腿関節 距腿関節:おもに底屈/背屈運動と、わずかに回内/回外、外転/内転運動が生じる。…
続きを読む

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア 疫学 有病率は十分明らかにはされていない。 男女比は約2〜3:1,好発年齢は20〜40歳代,好発高位はL4/5,L5/S1間。 Lは腰椎、Sは仙骨(仙椎)になります。腰椎椎間板ヘルニアは腰椎の上から四…
続きを読む

腰痛に効く!〜腰痛の予防方法と腰痛体操〜

腰痛 リハビリテーションを行っていて、一番多く目にすると言っても過言ではないのが、この腰痛です。 腰痛といってもその種類は多くあり、一概に治療方法を決めることはできません。 何が原因で腰痛が生じているのかを理解した上で、…
続きを読む

炎症とは何か〜炎症の症状や原因などを解説します〜

炎症とは 炎症とは、生体に侵入した異物を除去し、損傷を受けた自己組織を修復する一連の生体防御反応です。   炎症の原因 ①病原微生物の感染(ウイルス、細菌、カビ、原虫、寄生虫など) ②物理的刺激(外傷、熱傷、切…
続きを読む

足関節 前距腓靭帯の損傷

前距腓靭帯損傷 先日、バスケットボールをしている際に捻挫により前距腓靭帯損傷をされた患者様を担当しました。 前距腓靭帯損傷について改めて調べていきたいと思います。 原因 足関節の外側に付着する前距腓靭帯が内反捻挫によって…
続きを読む

関節の構成要素

関節の構造 関節は 数10分の1mmの間隙を隔てて接する2つの関節面によって構成され、この関節裂隙において完全に分離することができます。 (可動性連結diarthrosis) 不動性の連結では、接合面はこれと異なり…
続きを読む

肩こり・首こり解消に!! つまむだけで楽になる「鎖骨ほぐし」

鎖骨ほぐしって何? 4月16日の世界一受けたい授業で放送されていましたね! 人間総合科学大学准教授の理学療法士・医学博士である吉田一也先生が 肩こりを解消する手法の一つとして提案していたのが鎖骨ほぐしです。 鎖骨ほぐしは…
続きを読む

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア 病態 脊椎は、幾つかの靱帯や、椎間板と呼ばれる一種のクッションのような働きをする組織によりつながれています。 この椎間板は正常は弾性を有しており、上下の腰椎を支えるとともに、前後左右に運動することが可…
続きを読む