カテゴリー: 前頭葉

脳の解剖と機能について紹介します。

人類の進化に伴う脳機能の発達

過去から現在への脳の進化   今から約5億4千年前に登場した魚類は脊椎に添って脊髄神経が走行し脳に至る。 脳幹と間脳の先に大脳辺縁系がついた構造をしていた。 魚類の脳の中心は脳幹と間脳であり、呼吸・摂食行動など…
続きを読む

脳画像を診る 前頭葉の脳回を同定する

前頭葉の脳回を同定する 前頭葉を同定するには側脳室よりも上のレベル〜中脳のレベルまでの脳画像を参照する必要があります。 上・中・下前頭回は脳画像上では内側から外側へ向かって配列されているので、内側から順に同定していきます…
続きを読む

前頭葉の解剖と機能

前頭葉 前頭葉は中心溝より前部を指します。 上下の前頭溝により、上中下の3つの前頭回に分けられ、さらに外側溝から上方に伸びる短い前枝と上行枝により、下前頭回は眼窩部、三角野(45野)、弁蓋部(44野)に分けられます。 中…
続きを読む

脳画像を読む 前頭葉の解剖と機能

脳画像の見方 前頭葉編   precentral lobeレベル   側頭葉体部 レベル   側脳室前角・後角  

前頭葉の解剖

人間が人間たる所以 人間は社会に適応し、考え、成長し、今日まで生存競争に勝ち、生き抜いてきました。 今まさに行っている「考える」ことや「話す」、「感じる」ことも前頭葉の大きな機能です。 前頭葉の解剖 図は左が前頭葉外側面…
続きを読む