肩関節 肩甲胸郭関節の機能

脳の解剖と機能について紹介します。

肩関節 肩甲胸郭関節の機能

肩甲胸郭関節

肩甲胸郭関節は肩甲骨と肋骨で構成される関節です。

正常の肩関節の挙上運動は180°の可動域を持っていますが、この運動には肩甲胸郭関節の運動が非常に重要となります。

肩甲胸郭関節の機能

  1. 肩甲帯の固定
  2. 肩関節の可動域拡大
  3. 肩関節の筋力増大
  4. 肩甲上腕リズム

肩甲帯の固定

上腕骨と肩甲骨を比較すると、上腕骨の方が大きい。

さらに上肢全体の重量もあるため、上腕骨と肩甲骨を結ぶ動筋が収縮すると、上腕骨の方に肩甲骨が引き寄せられます。

ここで上腕骨が動くためには、肩甲骨が鎖骨や胸郭と連結し、体幹と一体化し上肢よりも重くなる必要があります。

その機能を担うのが、肩甲骨周囲に付着している筋肉となります。

 

肩関節屈曲・外旋運動時の固定筋

主動筋:三角筋前部・中部線維
固定筋:僧帽筋上部・中部・下部線維、前鋸筋

 

 

肩関節伸展運動時の固定筋

主動筋:大円筋、小円筋、広背筋
固定筋:大・小菱形筋、肩甲下筋、小胸筋

第1肢位での肩関節外旋運動時の固定筋

 

 

主動筋:棘下筋、小円筋
固定筋:僧帽筋中部線維、大・小菱形筋

今回参考にした文献、書籍は以下の通りです。

これらは私がすごく愛用しているもので、絵もこれらのものを参考にさせていただいて書いています。ぜひ購入して一緒に勉強していきましょう!

 

created by Rinker
¥3,080 (2022/05/21 21:29:08時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥12,100 (2022/05/21 21:02:11時点 楽天市場調べ-詳細)

<!– MAF Rakuten Widget FROM HERE –>

Tags: , , ,